【プレスリリース】第三者割当増資実施のお知らせ

沖縄県全域でテレワーク/ワーケーション施設『howlive』を開発・運営する㈱マッシグラ沖縄タイムス(沖縄県那覇市・代表取締役社長:金子智一)は、沖縄振興開発金融公庫(理事長:川上好久)、大同火災海上保険株式会社(取締役社長:与儀達樹)、BORベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合(運営会社:株式会社りゅうぎん総合研究所)、ならびに個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額9,000万円の資金調達を実施しました。


引受先一覧は以下のとおりです(順不同)。

■ 沖縄振興開発金融公庫(沖縄県那覇市おもろまち1-2-26 理事長:川上好久)https://www.okinawakouko.go.jp/

■ 大同火災海上保険株式会社(沖縄県那覇市久茂地1-12-1 取締役社長:与儀達樹)https://www.daidokasai.co.jp/

■ BORベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合(運営会社:株式会社りゅうぎん総合研究所 那覇市壺川1-1-9 りゅうぎん健保会館3階)http://www.ryugin-ri.co.jp/

■ 大石 良氏(株式会社サーバーワークス代表取締役社長)
■ 羽柴 孝氏(株式会社サーバーワークス取締役)
■ 外間 崇氏(株式会社サーバーワークス取締役付)

当社では、デジタル化・ノマド化が進み「どこでも働ける」「多拠点生活」環境が到来すると考えています。こうした環境下において、沖縄の豊かな自然・文化環境を活かした先端的なテレワーク/ワーケーション施設 howliveにより、アナログでの体験価値が向上。日本、世界のビジネスパーソンが沖縄で働くことで地域が活性化し、仕事と生活双方のQOLが上がる世界の実現を目指して参ります。

プレスリリース全文はこちらから

マッシグラ沖縄タイムス

自分らしい場所ではたらく。 わたしたちは、沖縄のリモートワーク空間創造カンパニーです

0コメント

  • 1000 / 1000